イマドキの学生事情

最近の学生はいろいろ大変みたいです

友人との付き合い方の変化

近年では、学生がバイトをするのが一般的になってきました。もちろん中には学業が忙しく、バイトができない学生もいます。学生の本業は勉強です。もちろんそのことは理解していますが、近年では学生でもバイトなどで収入を得ないと、友人との付き合いも難しい時代になっています。

高校生や大学生が、全くお金を使わない友人との付き合いは可能でしょうか。この問いには難しいと答えるしかありません。なぜなら、昔と現在とでは学生の遊び方、遊ぶ場所が大きく変化しているからです。よく周りを見てみると気づくと思いますが、昔は小学生でも公園などで遊具などを使った遊びが主流でした。今では一部の子供がサッカーなどをしている姿を目にすることはありますが、多くの子供はカードゲームやゲーム機で遊んでいます。カードを購入するには保護者が買い与えなくてはいけませんし、ゲーム機やゲームソフトも同じです。高校生ではどうでしょうか。学校帰りにカラオケ、プリクラ、ファーストフード店でのおしゃべりと、どれもお金が必要になってきます。そしてその金額も月額で考えると数千円では済まないかもしれません。

つまり、現代の学生は大人のようにお金がないと友人との付き合いもスムーズにいかない、という図式が見えてきます。もちろんお金をかけずに友人との付き合いを維持することも可能ですが、それにはかなり強い意思と自信が必要になってきます。しかし、それほど強い意思や信念を学生時代から持っている人は少ないと思います。学生でもバイトをしなくてはいけない、という時代になっていることを、保護者や周りの人は理解をしなくてはいけません。

学校や友人との付き合い、バイトと忙しい学生には、稼げるバイトが人気になるのも仕方がありません。しかし、稼げるバイトにはメリットとデメリットがあるということを、大人が学生に伝えることも大切だと思います。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です